不動産活用のヒント

経営者の問題点と解決方法(自営業者も含む)

1.事業承継

■ 後継者

中小企業や自営業といった事業経営の中で常に後継者の問題はついて回ります。とくに今日まで家族経営、同族経営で運営されてきた場合は特に懸念事項が多い。子供が事業を継ぐ意思がない場合など、廃業や解散ということも十分考えられます。そうした問題をいかに排除し事業を続けていくか、またスムーズに廃業の方向に向けていくか様々なケースを想定し検討していくことが大切です。

■ 業態転換

今営んでいる事業がこの先も順調に進むかは、わかりません。そしてすでに、事業を大きく変えなければならない時になっているかもしれません。そうした事業転換、業態転換の一つに不動産の活用があります。今まで、店舗だった所をテナントとして賃貸するなど不動産を活用することで収入を得る業態に変化させることも事業として検討できる部分です。

RAMT(ラムト)が提案する解決方法

2.ストック型経営

■ 社有地の活用

社宅を保有している。遊休地を保有している。無駄なスペースが多い。こうした土地の利用を多くの企業が所有している。しかし、このような不動産の活用が経営者の頭の片隅にはあっても、本業が忙しいため時間を取って検討することがされていません。本来であれば、景気の波にあまり左右されない賃貸事業は本業を助ける意味でも効果があるのです。

■ 移転

古くから工場などを所有して事業を行っていると、いつの間にか周りが住宅街になっているとか商業地になっているなどといったケースはまだまだあります。ご自身お事業にとってそこを動かない理由はどれほど大事なものですか?案外、特に考えていない場合が多いかと思います。そうしたときに、工場の移転は有効な手段だと考えられます。特に売却益の差額でより広い場所に移れたり、最新の設備機器を導入できるなど大きなメリットを得られる場合があります。

■ 事業の効率化

例えば、分散している事業所を一つの拠点にまとめることや、投下資本を絞るといった効率化を図ることは企業にとって重要なことですが、必ずしもうまくいっているとは言えないようです。特に決断ができない経営者が多いと思います。理由は簡単です。不動産の投資基準がはっきりとしていないため判断ができないためです。

RAMT(ラムト)が提案する解決事例、1 RAMT(ラムト)が提案する解決事例、2

3.投資としての不動産・節税としての不動産

■ 投資としての不動産

不動産を購入することも事業の1つです。例えばワンルーム分譲などはサラリーマンなどが購入できるものと言えます。平成の初頭では不動産を転売する際に出るキャピタルゲインを目的とした投資が大半を占めましたが、接道などが無い土地にも価格が付くなど実際の評価とは、かけ離れた上昇を招きバブル崩壊に繋がりました。ここ数年のファンドなどによる投資はキャピタルゲインだけではなく、インカムゲインも考慮にいれたものでしたが、建築基準法の改編やサブプライムローンを発端とした変化に影響され不動産価格は下落しています。キャピタルゲインベースの投資はリスクが大きいと考えられます。しかし、インカムゲインは社会変動の波が大きく動いたとしても、比較的ゆっくりと動くため、今は大きな下落にはなっていません。最初から保有することを前提とした計画は景気の波に左右されにくいと言えます。

■ 節税としての不動産

不動産は所有したり、売買したりすると税金が掛かります。国税、県税、市税などあらゆる種類となります。企業が土地を取得する場合も慎重に検討しなければならないと言えます。

RAMT(ラムト)が提案する解決方法

不動産活用のヒント

  • 個人の問題点と解決方法
  • 経営者の問題点と解決方法(自営業者も含む)
  • プラン的な問題点と解決方法
  • 事業的な問題点と解決方法
  • 都市再生